家と土地に抵当権が借金の担保として設定される場合

抵当権または根抵当権とは何か

 借金の担保を要求される場合に、最も多いのは家や土地に対する抵当権または根抵当権の設定です。特に現在では根抵当権が圧倒的に多くなっています。

 

 抵当権とは、借金が払えない場合には抵当に入れた不動産など(担保目的物)を、抵当権者が裁判所に申し立てて競売し、その競売代金から返済を受けるものです。この点は根抵当権についても同じです。根抵当権とは抵当権の一種で、あらかじめ担保目的物で担保される債権の額の最大限(極度額)を決めておき、この極度額の範囲内であれば、借主が何度借金と返済を繰り返しても、その全部を担保するというものです。

 

抵当権または根抵当権が設定された場合

 以上のことから、借金の担保として家や土地に抵当権や根抵当権が設定された場合には、期日に返済をしなければ家や土地を取られてしまうことになります。
 また、言い換えれば、家や土地を失えば、それ以上の取立ては受けないで済むとも言えます。もっとも、家や土地を競売した結果、競売代金が借金の額に足りない場合には、残金については無担保の借金として取立てを受けることになります。

 

借主以外の者の不動産に抵当権を設定する場合

 このような場合を物上保証と呼び、自分の不動産を担保に提供した人を物上保証人といいます。借主が借金の返済ができなくなってしまったら、担保に提供した不動産は競売にかけられて、物上保証人は所有権を失うことになります。
 つまり、借主が借金を返済できない場合には、物上保証人は担保に提供した物で借金を肩代わりすることになるのです。

 

 借金をする際に、借主自身に担保になるような財産がない場合には、前ページの連帯保証人を要求されるか、または、物上保証人を要求されることがあります。物上保証人を要求された場合には、連帯保証人になってくれるように他人に頼む場合と同じで、物上保証人にも迷惑がかかると考えておくべきでしょう。

 

【ポイント】担保物権の設定は慎重にする。